NEWS&WORKS NEWS&WORKS

宝塚市外壁塗装 外壁塗装

案件名

外壁塗装

種別

外壁塗装

ポイント

宝塚市の外壁塗装画像になります。

■劣化症状に要注意!
まずは、現状塗り替えが必要かどうか、外壁をセルフチェックしてみましょう。

▼こんな症状は出ていませんか?▼
○外壁にツヤが無くなってきた    【危険度★】
○汚れが目立つ、色あせが見られる  【危険度★★】
○壁を触ると、手に白い粉が付く     【危険度★★★】
○ひび割れや塗膜が剥がれている   【危険度★★★★】

【危険度★★】以上の症状を発見した場合は、そろそろ塗り替えのタイミング。
ひび割れや塗膜の剥がれまで症状が進行してしまうと、下地の補修などが必要になり、費用が多く掛かってしまいます。

■外壁の塗り替えのタイミングは約10年
外壁塗装は、『住まいの外観を整えるため』だけではありません。
たしかに、美観を維持するという役割もありますが、塗装工事の本来の目的は、太陽の紫外線や雨風から住まいを守ること。

外壁の表面を強い塗膜でコーティングすることで、建物内部に雨水が浸み込んだり、紫外線によって建材が劣化したりするのを防ぐ効果があります。

塗り替えの目安は約10年ですが、外壁材・塗料の種類や、立地環境などによって変わってきます。
防水性を失った外壁をそのまま放っておくと、外壁の劣化がどんどん進行してしまいますので、早めの塗り替え工事を心掛けましょう。

■この項目に当てはまれば、今すぐ塗り替えを!
○チョーキング現象(触ると白い粉がつく)
外壁を触った時に、白い粉がついたら要注意!
手に白い粉がつくのは、紫外線や雨風の影響で塗料が分解され、粉状になっているから。
これ以上劣化が進むと、ひび割れや塗膜の剥がれによって、外壁が直接ダメージを受けるようになってしまうため、そろそろ塗り替えをご検討ください。

○ひび割れ(クラック)
髪の毛ほどの細くて小さなひび割れ(ヘアクラック)にも、注意が必要。
雨水や湿気は、どんなに小さな隙間でも、その裂け目から水が浸入し、内部で凍結・膨張を繰り返すことで内側からひび割れを拡大していきます。
そこから知らず知らずのうちに外壁の下地の劣化が進み、最終的には住まいの耐久性を弱める結果に……。
建材は水に非常に弱い性質を持つため、そうしたひび割れを見つけた際にはすぐに対応しましょう。

○汚れ(カビ・サビ・コケ)
カビ・サビ・コケなどの汚れが目立ってきたら、塗装のコーティング効果が切れてきているサイン。
汚れの中でも、コケや藻が発生している場合は注意が必要です。
これらは、外壁の含水率が上がり、劣化が進行している証拠ですので、なるべく早めの塗り替え工事をご依頼ください。

○塗装の剥がれ、めくれ
塗装の剥がれやめくれは、最も深刻な症状。
外壁材を守る表面塗膜が完全に無くなっているため、雨風や紫外線によるダメージを建物が直接受けてしまう状態。
耐久性は低下し、シロアリ発生の原因や倒壊を招く恐れのある非常に危険な状態ですので、こうなる前に定期的な塗り替えを行っておくことが大切です。

■劣化症状を放っておくと、こんな事態に……
○シロアリの発生
塗装の効果が切れると、建物の防水性能が低下。
その結果、コケやカビが繁殖しやすい状態となり、さらに症状が進行すると、湿気を好むシロアリを呼び込む事態に……。
シロアリは建材を食い荒らし、建物の強度を著しく低下させてしまいます。
建物自体の資産価値も下がってしまうため、要注意です。

○機密性・断熱性の低下
塗膜の劣化→ひび割れ→外壁(特にサイディング)が反り始め、外壁部分にあらゆる隙間が生じてきます。
そうすると、機密性・断熱性が低下し、夏は暑く冬は寒い住空間となってしまいます。

○雨漏りの発生
水の浸入を防ぐ塗膜がボロボロになってしまうと、たちまち雨水が建物内部に入り込みます。
天井にシミができていたり、壁紙が濡れていたら、雨漏りしているサインですので、何か気になる症状が見られる場合は一度当社までご相談ください。